新しい生活、子離れの一歩、雨の土曜日。

2018.04.10 18:02|雑 記
進級したり、進学したりの新しい生活がスタートしました。
私は変化に強いほうではないので、4月と聞いただけでグッタリできます(笑)
5時台に起きて、7時に子供を送り出すとか、10年前の私が聞いたら卒倒するはず・・・。

私が世間知らずなのかもしれませんが、子育てがこんなにも手探りなものだなんてと思うことが多いです。
育て方の正解はないし、実際にわからないんだろうなという漠然とした思いのほかに、それこそ、小学校の入学ってどうなってるの?とか、どこから連絡がくる仕組みなの?とか(笑)
まだまだ私が学校に慣れるには時間がいりそうです。

子離れ。
我が家は祖父母も一緒に暮らす家庭なので、ママにべったりな親子関係ではありませんが、
周りに「過干渉な母親に悩む友人」が複数名いて、その人たちの苦悩をみるたびに、
私もいつか、うまく子離れしていかないといけないなとずっと思ってきました。
過干渉になりすぎずに見守るって、とても忍耐がいりますよね。
だから、自分も覚悟して子離れしないとなと思ってきました。

うちのところは、小学校までの距離がとても長いんです。
子供の足では45分…50分は歩くかな。
しかも田舎ですから、歩道がなくて、車道のすみっこを通る場所があったり、車社会のため、歩いている人も少なく、人の目が行き届きません。
めちゃくちゃ心配です。
道も覚えなくてはいけないし、横断方法も、交通ルールも覚えなくては。
それで、どこのご家庭も家族がチラホラと集団登校に付き添っています。

初日、学校正門まであと15分というところまで付き添って、二日目は迷いましたが、家から10分までにしました。
この時の後ろ髪をひかれる思いときたら(笑)
車で学校正門まで横づけしたい衝動を抑え、心配をグッとこらえました。
子離れの第一歩になるといいなと思う。
ランドセルを背負って、がんばって上級生についていく背中をしばらく見送りました。
同級生も少なく、帰りはもちろん、1人になる場所には必ず迎えに行くつもりですが、いつかそれも自分の中に折り合いをつけて、静かに見守りたいと思う。


今日は雨の土曜日。
いくつになっても、土曜、日曜の気の抜けた時間が大好き(笑)
土曜日曜
いくつものアラームが全部オフであることの喜びをかみしめた一日でした。

コメント

非公開コメント

PROFILE

ムラサキ

Author:ムラサキ
ブログ内に使用している写真の著作権は放棄しておりません。
無断引用・転載はお断りしています。

CATEGORY

COMMENT

ブログ内検索

リンク

管理人へのMail

◇メールは別窓がひらきます

全記事一覧

月別アーカイブ

Twitter

PV-COUNTER

モニター・アンケート・お小遣い



マクロミルへ登録



懸賞・小遣い ちょびリッチ

Amazon

楽天市場

RSSフィード

QRコード

QR